大阪から広島にチヌのフカセ釣り|370キロ先で見つけた初心者でも釣れる理由とは

150621-140818-185_R

6月23日、大阪から広島までチヌのフカセ釣りに行ってきました!
広島というより、ほとんど山口ですが…。


チヌを求めて370キロ…大阪から広島までの道

150620-163627-002_R

私の住んでいる大阪から、今回のポイントまでは約370キロ…
流石に徹夜で1日釣りしたら倒れそうなので、
前日にビジネスホテルに泊まり、翌日の早朝から
チヌのフカセ釣りを始めます。

 

前日の夜中にホテルに到着

150620-215332-083_R

今回使ったビジネスホテルはAZホテルという所です。

088
釣具屋(ポイント)がすぐ横にあってかなり便利な予感です。
私が着いた時はすでに閉まっていましたが…。
実はここは広島でなく山口だったりします。

今回チヌのフカセ釣りをする所は広島の宮島付近で
ほとんど「山口県」なんです。

使った渡船屋は「大和渡船」

150621-035808-096_R

今回使った渡船屋は「大和渡船」です。
撒き餌と作る為、大和渡船のショップ、アクアに行くと、
着くのが早すぎた様で、まだ閉まっていました。
しかし、集合時間はもう45分後…

餌を作るのに20分くらいは最低かかるので、
「早く開いて~。」と焦ります。

150621-041029-097_R

集合時間30分前、遂に店が開くと同時に、スコップとバケツを借りて
ダッシュで撒き餌を作って、集合場所まで急いでGO!です。

arrow_orange[1]「大和渡船」の詳しい場所や時間等は渡船屋のHPに書かれています

 

皆、それぞれの場所でチヌのフカセ釣り開始!

150621-044836-098_R

なんとか、集合時間前に到着、
荷物を船に乗せて、さあ、出発です。

150621-051155-138_R

今回、ベテランの人は磯にいったり、


150621-050712-129_R

渚(砂浜)に行ったりしていました。

 

私は下手くそなので筏でする事に

150621-052620-139_R

私はまだ、あまり遠くに撒き餌を投入出来ないので
遠く飛ばさなくても大丈夫な筏で釣りをする事になりました。

 

なんと、シャクを忘れていた!

150621-053054-010_R

前回は隣にベテランの方ついてくれて色々教えてくれましたが、
今回の筏では一人…
持ってきた荷物を降ろして、さあ、釣るぞ!と思って準備していき、
さあ、撒き餌を撒こう、と思ったら…

「シャクがない(超爆)」

もう既に渡船の船は行った後…次にくるのは16時…。

150621-125501-017_R

これは…もう…

「手で握って投げるしかない(爆)」

という事でこの日はずっと手で投げながら
チヌのフカセ釣りをしていたのでした…。トホホ。

※シャクは後に自動車の中で見つかりました…

 

水深20mと2枚潮に大苦戦!

釣りを始めてから2時間程は当たりがない…

というより、上手く仕掛けを操作できません。
ここの水深は約20m、水深は前回と同じくらいなのですが、
潮が結構速い…

で、仕掛けを沈めていくも途中まではなんとか沈んでいくのですが、
6~7mの所で流されていくばかりでちっとも沈みません。

私はこの日初めて「2枚潮」をはっきり体感しました。
しかし、どうにかして仕掛けを底近くまでねじ込まないといけません。

なので、結局どうしたか?というと、
単純におもり増やしました。ガン玉の4を最後8個まで付けて
なんとか仕掛けは沈む様に…。

そして撒き餌も沈めないと行けないので少し混ぜて固く握って
潮に流されない様に対応したのでした。

 

ガン玉8つ付けて、やっとチヌ攻略!

150621-062859-149_R

 

150621-103357-165_R

 

150621-125130-169_R

で、それからはやっとポツポツと当たりが出だして、
釣れる様になってきました。

なんとか5枚にチヌ(ピンクチヌも1匹含む)を
ゲットです。2枚大きそうなやつにハリス切られましたが…
悔しかったです。

この日、釣り倶楽部(一応釣り倶楽部の会員です…)
の大会なので検寸に向かいます。2匹長寸で競いました。

 

私の結果は…ドベではなかった

150621-150351-222_R

さあ、検寸です。21人参加中…
私の結果はドベでも無ければ上位でもない、という
真ん中くらいの順位でした。

 

検寸の結果、なんと今回の優勝は子供でした!

228 - コピー

検寸の結果、優勝は子供でした!
立派なチヌ、21人中1位は、す、すごい!

 

最後のシメは記念撮影

150621-153650-246_R

やっぱり、大会後は記念撮影でシメ、となったのでした。

 

美味しいラーメン「めじろ」で夕食

150621-164031-255_R

大会が終わったら皆でラーメン屋さんへレッツゴー!
最近出来て、美味しい!と評判らしい「めじろ」さんで夕食です。

150621-164649-264_R

ラーメンは細麺でとんこつ醤油?なのかな?あまり
よく分かりませんが、とにかく美味しかったです。

arrow_orange[1]ラーメン屋さん「めじろ」について詳しくは食べログに書かれています

あと、ここで色々チヌ釣りの先輩達に釣り方等を
聞いて、ちょっとレベルアップにも繋がったと思います。

こうして、今回の広島チヌフカセ釣行は無事終わったのでした…。
帰りの400キロ、しんどかったですが^^;

 

何故大阪から400キロ先広島までチヌのフカセ釣りに行くのか?

最短でチヌのフカセ釣りが上手くなりたかったから

私はチヌのフカセ釣りもしますが、他の釣りも色々します。
バス釣りに、メバル釣りに、エギングに、夏はアコウも
釣りますし、他にも色々な釣りをしています。

さらに、釣り以外にも自転車も趣味でしています。
チヌのフカセ釣りは「してみたい、釣りたい!」と
思ったのですが、何回も言ってボウズばかりなのも
嫌だなあ、と思ったんです。

で、どうしたら、最短でチヌを釣る事が出来るか?
と考えた結果、ベテランのチヌのフカセ釣りの仲間に
教えてもらう!という事でした。

最短で上手くなるにはベテランに教えてもらうのが一番

幸い、私の友人に広島でチヌのフカセ釣り倶楽部の会長を
している方がいたので、素直に教えてもらう事にしました。

で、広島まで行って教えてもらった結果、幸い
フカセ釣り1回目からチヌを釣り上げる事が出来たんです。

1回めのチヌのフカセ釣りをした様子はこちらから
1回目の釣り場と比べると今回のポイントは難しいとの事で
そこでも釣る事が出来たので、結構?上手くなったと思っています。

もし、一人で釣り方やポイントを選んだりしていたら、
最初のチヌを釣るまでに半年くらいかかったかもしれません。

釣り仲間と一緒に釣りをすると、色々な事を教えてくれますし、
釣り終わった後、他の皆の釣果や釣り方を聞けば、

自分に何が足りなかったのか?すぐに分かります。
疑問に思った事は釣り終わった後、先輩に聞けば
すぐに解決出来るのです。

だから、私はわざわざ広島までチヌのフカセ釣りに行って
いるんですね。

 

一人で釣れないなら仲間とチヌ釣りに行こう!

もし、あなたが一人でチヌのフカセ釣りをしていて
釣れないのなら、先輩でも仲間でも、周りにいなかったら
釣り倶楽部に入るでもいいので、一緒に行ったら

きっと、今より釣れる様になると思いますよ。

“大阪から広島にチヌのフカセ釣り|370キロ先で見つけた初心者でも釣れる理由とは” への2件のフィードバック

  1. ナベヤス より:

    いつもご苦労様です。
    以前、大阪にいた事があるのでわかるのですが、フカセを1日やってあの距離を運転して帰るなんて考えられません。(^_^;)
    それも一度ならず二度までも…
    その探究心に頭が下がります。

    まだまだフカセは奥が深いので、また機会と気力があったらお越し下さい(^-^)/

    • tinuturi11 より:

      返信が超遅れてすいません…。いやあ、最短で上達するなら、釣れる場所で、ベテランに教えてもらうのが一番かな?と…
      結果始めてのチヌフカセで釣る事ができたので、間違いではないのかな?と思っています^^

tinuturi11 にコメントする

このページの先頭へ